ローソク足の基礎について その2

スポンサーリンク

前回はローソク足の1本1本の特徴について振り返ってみました。
皆様いかがだったでしょうか??とても基礎的な内容ですので当たり前ではあるのですが
トレードにおいて色々と勉強していくと基本的なことは抜けやすくなってしまいまいますので
定期的に復讐するのもいいですよね
もしまだ確認されていない方は先にこちらをご覧ください

ローソク足の基礎について

2018.09.10

目的

今回は前回のようなローソク足1本ではなく、
複数本のローソク足の組み合わせで覚えておきたいものをリストアップしてみました
ローソク足を1本だけで見るのではなく、複数本で状況を考えることで、よりチャートの見え方が変わってくると思います。

今回は、
相場の流れが「今後上昇に転換するかも?」というシチュエーションと
「下降に転換するかも?」といった2パターンで考察してみたいと思います。

上昇に転換するかも??買いのパターン

出会い/切り込み/はらみ線

今回の終値が始値よりも高くなっているが、ひとつ前の始値より高くないという状況です。各組合せ少しづつ状況は違いますが、
これは下降から少しづつ上昇へ変わってきているものの、そこまで上昇も強くない状況を示しています。この後に上昇をしていくようであれば
下降から上昇への転換が期待できると言われています。

たすき/振り分け/つつみ線

今回の終値が前回の始値よりも高くなっている状況です。先ほどの出会い/切り込み/はらみ線よりも上昇の勢いが強いことを示しています
より上昇の陽線が大きなものであれば買い目線の強さを示していると考えられると言われています

三川明けの明星

所謂、酒田五法といわれる方法の一つになりますが、

大きく値下がりした次の足が値動きが小さくなり、その次の足では大きく上昇を見せている状況の組み合わせです
このパターンは下落が底をうち上昇へ転換する際の有名なパターンでもあります。

下落に転換するかも??売りのパターン

かぶせ/はらみ/出会い線

今回の終値が始値よりも下落しているが、前回の始値よりは高い状況です。まだ売りの傾向ではありますが、その勢いがあまり強くない状況を示しています

つつみ/たすき/振り分け線

今回の終値が前回の終値よりも安くなって終わっている状況です。かぶせ/はらみ/出会い線よりも売りの勢いがついている状況でもあります。

三川宵の明星

こちらも酒田五法の一つとして有名な形です。

強い上昇の後、次の足で小さな値動きに収まりその次の足でしっかり下落している状況です。
明けの明星と真逆の状況になりますが、上昇の天井圏でよくみられると言われている有名な形になります。

最後に

今回は以上になります。
色々なパターンがありますがあくまで、

チャート判断の一材料として利用するのが適切!これだけで判断しないことが重要!

であると思います。
今後のチャート分析の参考になったら幸いです。

FXの基礎から勝つためのマインドまで、私のfxに対しての認識を変えさせられた

お勧め書籍もあります。興味ある方はご覧ください↓↓↓

トレードに対しての認識を変えさせられたFXオススメ書籍のご案内

2019.02.12
スポンサーリンク



スポンサーリンク