ポジポジ病を克服する為の自己コントロール方法

スポンサーリンク

ポジポジ病を克服する

今回はいわゆる「ポジポジ病」と言われる

無駄なトレード回数が多く損失を出してしまっている方に対しての自己コントロール方法

を自分の例で考えてみたいと思います

ポジポジ病って?

fxをやる上で誰もが??通る道?「ポジポジ病」。

一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

そうでなくても無駄なトレードを繰り返してしまう・・・

値動きが良く、勢いよく伸びていると

乗っかってしまいたくなる(もちろん状況によってはそれもアリだと思いますが)

兎にも角にも、ポジポジ病という言葉がFXではかなり多く見られます。

これだけ有名な言葉になっている以上、

ポジポジしてる方が多いっていう事実があることの証明ですね。

一生懸命働いたお金を、ポジポジ病で失っていませんか?

何となくトレードしたくてポジションを持ってしまったり、

自身で決めたルールを守れず違うシチュエーションでも

簡単にポジションをもってしまう。。。。

私もそんな人間の一人でした。

けど今はポジポジ病だなーと感じるようなトレードはあまりなくなってきたと思っています

そんなポジポジ病を治すべく私自身のケースを振り返ってみることにしました。

何が原因なのか?

ポジポジ病はなんで起こってしまうのか?

について考えてみたいと思います。

原因が特定できないと治せるものも、治せません。

まずは結論から

ポジポジ病の原因は人それぞれ

だと思います。

だからこそ自分自身がポジポジ病だわーと自覚してしまったケースがどんな時か?を

考えてみましょう。

自分自身がポジポジ病を自覚した時は?

自身がポジポジ病だと後から反省したケース

どんなシチュエーションだったでしょうか?

自覚がある方は一度どんな時にポジポジしていたのか?振り返ってみましょう。

私の場合は

「ただ漫然とずっとチャートを見ている時に一番適当にトレードしていた」

ことがわかりました。

理由は、

  • なんとなく値動きは上昇(下降)方向に動き出したから
  • 始めは色々と考えた上でロングをもっていたのに損切りになったから、やっぱりショートか!!とポジションをもった
  • 今までの流れをよくみていない中で、上がりそう・下がりそう(特にそう思った理由もなく)と感じたのでトレード

こんな感じでトレードしてしまっている事に後から振り返って気づきました。

私の場合は

チャートを漫然とみていて、冷静さを失っているとき、ちゃんと値動きを考えることができてない状況でトレードをしたくなってしまうタイプ

のポジポジ病でした。

ポジポジ病はなんで悪いの?

つぎにポジションを何回も持つことの結果について考えてみたいと思います。

別にしっかりとトレードする過程において、結果として沢山トレードしているのは

別に悪いことでは無いと思います

今ポジションを取った方がいいトレードが出来るのでポジションを持つということでなく、

今回のケースに関しては闇雲にポジションを取りすぎたり、

ただ自分がfxが楽しくてトレードしたいからポジションを持っているという

「ポジポジ病」の結果について考えてみます。

例えば・・・

多数のポジションを持つことになる

その分スプレッド分のpipsは取らないといけなくなる

スプレッド0,5pipsの通貨で月30回トレードをすると

30×0,5=15pips分はスプレッド分になります。

その為、単純に考えると上記のケースにおいては

30回トレードを行うことにより、スプレッド分で15pips損をしている状況での

トレードで利益を出さないといけないことになると考えることもできます。

毎日10pipsを継続してとることは決して簡単ではないですから、それを考えると

初心者がポジポジすることはとてもリスクが高いことを示唆しています。

どうやって治すのか?

まずポジポジしているのは誰かと考えると自分自身ですよね。

ポジポジ病と言われいますが、病気かどうかはさておき、その行為はすべて自分自身がやっているんです。

そしてポジポジ病に悩む方の中で、トレードを厳選しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

けどやってしまうのがポジポジ病なんですよね。

そしてまた、自分のルールを破ってしまう。

結局ルールを守れない方=自己コントロールが出来ていない方

がポジポジ病をずっと自己資金が溶けるまでやり続けます。

ただみんなルールを守ってトレードしたいと思っているわけです。

そんな中で

「むやみにポジらない!」って決めてみたり

「一日のトレードを〇回までにする!」

って決めてみても、守れなかった経験ありませんか?

うまくトレードにおける

自分のコントロール方法

を確立しないといけないですね。

私の場合の自己コントロール方法

実際に私がポジポジ病をうまくコントロールできるようになったきっかけについて

最後に記載しておきたいと思います。

先ほど書いた通り、私もうまくルールが守れず失敗を沢山しました。

そこでなぜうまくいかなかったのか?考えてみると

原因⇒実際の行動するためのルール

がちゃんと繋がっていないことに気づいたんです。

初めに書いた通り私の場合は

「ただ漫然とずっとチャートを見ている時に一番適当にトレードしていた」

訳ですが、

それはどんな時に漫然とチャートを見ていたかというと

「携帯でぼーっとチャートを見ていた時」

だったことに、過去のポジションを持った時の時間や記録で分かりました。

ということは、ポジポジ病克服するためのルールとして

「むやみにポジらない!」などのルール設定は直接的な根本解決につながっていないことに気づきました。

そのため、

「携帯からエントリーしない」

というルールにして継続してみたところ、ポジポジ病と言われるような感じのトレードが格段に減りました。

要は、ルール設定が抽象的であり、自分のポジポジ病となっている状況をしっかり理解して分析できていなかった

ことが本当の原因でした。

まとめ

それでは最後にまとめです。

今回は私のケースですが、ポジポジ病との向き合い方は人それぞれだと思います。

最終的には資産が増やせていることが正解の一つだと思いますので

あくまでの私のケースとしてご参照になりましたら幸いです。

  • 原因の認識とどのような状況でのトレードが自分にとってのポジポジ病なのか分析する
  • 問題のトレード状況を解決するための根本原因を明確にする
  • 根本原因に対して解決するための具体的なアクションをきめる
  • アクション内容は自分自身で明確なものにする(抽象的なものにしない)

これで絶対治りますとは全くもっていえないですけど

ポジポジ病で悩む方が少しでも減ったらいいですね!

fxシンプルトレード.com

2 件のコメント

  • 自分は、今すぐFXで稼げる様にならなきゃ!って訳じゃないので今のところポジポジ病は発症してないですね。
    兼業の方達は、1ヶ月ノートレードで収益ゼロでも生活は出来るので、まったり勉強しながら余裕を持ってFXと付き合っていくのも大事かなぁと(^^)

    • 金色になれ さん
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りで資産運用の目的や方法は人それぞれですので、ご自身にあったトレードで目的に合わせた資産運用をしていければ
      良いのだろうと私も考えております。
      昔の私ももう少し早く気づいていたらそこまで損失しなかったかもしれないですw
      貴重なコメントありがとうございました!
      今後も何卒よろしくお願い申し上げます!

  • 金色になれ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください