FXで勝つための必須勉強項目「ダウ理論」について紹介

スポンサーリンク

FXや株など投資をやったことがある人なら必ず一度は通る

「ダウ理論」

ちゃんと理解してますか?

ダウ理論って言葉だけ知ってますけど、よくわかってないかも・・・

ダウ理論はFXにおいてはテクニカル分析において
一番重要かつ基本中の基本となる考え方になります

本記事の目的

本記事の目的
  • ダウ理論を理解する
  • 実際のチャートでどのような応用ができるのか?を理解する

になります。

それでは早速確認をしていきましょう!

FXで勝つための必須勉強項目「ダウ理論」て何?

まずはダウ理論の内容を(※私なりの解釈も・・・)

ダウ理論とは、もともとご存知の通り、
現在の「ウォールストリート・ジャーナル」の元となった
チャールズ・ダウ氏が提唱した理論です
その時代はFXではなく、株価に対しての理論ですが
同じ市場に対しての普遍的な考え方としてFXにおいても
テクニカル分析としては根本となる考え方です

<平均はすべての事象を織り込む>

この意味はよく言われる、チャートに織り込み済みっていう考え方のもとです。
大災害・戦争・経済的な変化等々・・・
予測不可能な事象に至るまで、需給に関する

あらゆる事象は全て市場価格に織り込まれるという考え方

市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えに基づいています

※この考えをもとに私もトレードしていますので
ファンダメンタルでポジションを持つことはしていません
その為、

COBU
すべての判断材料はチャートの中にあると考えてトレードをしています

ただし、何かファンダメンタルの変動リスクが
前もって予期される場合はトレードをしないという
リスク回避として、ファンダメンタルを気にすることはあります

<トレンドには3種類ある>

ダウ理論では、価格変動の分析においてトレンドを重視します
主要トレンド:1年~数年のサイクル。
二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。
小トレンド :3週間未満のサイクル。

※wiki参照

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、
二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、
小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

※ダウ理論ですと非常に長期目線での考えになっていますが
デイトレードにおいては1年などの長期は高頻度に気にするところでもないです
ただし考え方としてはとても重要で、FXデイトレで考えると

主要トレンドを日足トレンドと考えるとすると
4Hや1Hなどのトレンドは日足の調整局面
さらに15分足や5分足は4Hや1Hトレンドの調整局面と考えることができます

COBU
「5分足でトレードしている人でも
上位足(1時間足や4時間足、さらに日足など)の状況はとても重要!」
ということです

<主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階がある>

・先行期 :
市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、
いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

・追随期 :
市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

・利食い期:
価格が充分に上昇したところを見て、
いつ決済しようかタイミングを計っている
価格は既にその前から上昇局面にあるものの、
その上昇する値幅は小さくなっている。

※wiki参照

下の画像は
1、先行投資家がトレンドの転換のタイミングで、せめぎ合っているところです。

2、トレンド転換からトレンドが変わったタイミングで多くの投資家が資金を入れているタイミング

3、1・2にて先に投資家たちがポジションをいつ決済しようかタイミングを計っているところ しかもトレンドが出来上がっているタイミングで素人が入ってきて死んでいくことろ
を記載しています。

素人が今が買いだー!!

といってみんな参加している姿が容易に想像できるシチュエーション・・・

※トレンドフォローにおいて一番大切なのは2のタイミングをしっかり乗っていけるか??
です。それ以外の何物でもありません。

<平均は相互に確認されなければならない>

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら
明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。
もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、
直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、
且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。

※wiki参照

これの真意としては
ダウが仕事をしていた時代のアメリカでは、工業生産が盛んになり、
そして製品を輸送するための鉄道が整備された時期でした。
そのため、工業生産の好調=それを運送する鉄道業の経営に影響したことから、
ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』では
ダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で
掲載していた背景があります。

※現在のトレンドは複数の要因でできていることが確認できるほうが、
さらに確定的にトレンドができていると判断できる

<トレンドは出来高でも確認されなければならない>

市場の終値の変動をダウは重視するが、
同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。
例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には
出来高が減少、下降局面においては逆になる。

※wiki参照

主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、
二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、
それが出来高の多少に反映するとする。

※FXにおいて出来高判断をするのはちょっと現状と異なりますが、
代わりにオシレーターなどである程度の確認をとることもできますね
現在起きているトレンドに対して、同様にオシレーターなどでも確認ができることが、
より確定的なトレンドとみなせる

<トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する>

現在の市場で発現しているトレンドは、
明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。
トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、
トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

※wiki参照

※トレンドは基本的に崩れない限り継続します
これがテクニカル分析としてとても重要です。
高値更新 安値切り上げの上昇ダウをきっちりチャートの中で
見えることが本当に重要です。

気が狂うくらい練習したほうがいいと思います。

そして少し細かいですが
各時間足でトレンドの高値、安値を見ていく練習をしたほうがいいです
これが出来ないと正直トレンドフォローは厳しいです
今見ている高値がほかの時間足(特に上位足)での高値として認識されるのか?
がトレードにおいてとても重要なポイントになりますので

重要なポイント
1、各時間足などでしっかり上昇or下降ダウ(高値、安値)を見つけられること
2、自分が見ているダウがその時間足にあっているのか?例えば1時間足で見ているダウはちゃんと1時間での上昇・下降ダウなのか?ほかの時間足でのダウになっていないか?

は常々練習をしたほうがいいと思います

図は4時間足でのチャートで上昇・下降ダウの高値・安値に線を引いてます
赤のラインは4時間足でも高値・安値ですが、これは日足の上昇ダウの高値・安値です
緑のラインは4時間足での高値・安値です

今回は以上となります。特に最後のチャート上でのダウの確認はとても重要です
そして基本中の基本。これが出来ていない人はテクニカル分析的には出来ていないと断言してもいいくらいです。一度ご自身の勉強の際に振り返ってみるのはいかがでしょうか?

「ダウ理論」ただ知ってるだけでは勝てない?

ここまで学んできたダウ理論ですが、この内容をただ知っているだけでは

当然ながら勝てません!

重要なことは

実際のチャートでダウ理論から判断できるシチュエーションを出来るだけ増やすこと

(もちろんチャートからよく判断できない形をしているケースもあります)

そして

自分自身で判断できる・自信をもてるくらいチャートで検証すること

が重要です。

努力を怠ってしまっていたら、重要な理論であっても使い物になりません。

まとめ

本日はfxで勝つための必須勉強項目である、ダウ理論について紹介しました。

ダウ理論を理解するだけでなく、それをどう自分が使えるか?

それがとても重要ですね。

FXの基礎から勝つためのマインドまで、私のfxに対しての認識を変えさせられた

お勧め書籍もあります。興味ある方はご覧ください↓↓↓

トレードに対しての認識を変えさせられたFXオススメ書籍のご案内

2019.02.12